2024年03月31日

サトゥーのレコード盤歳!#018【ジャズ・ピアノ&ベース・デュオ編】

どうも、サトゥーです!

最近は暖かいというか昼間は暑いくらいですよね〜
私も現場で動いていると汗だくになります。

そんな中、なぜか昨日あたりから鼻がムズムズ…
くしゃみが出る2〜3段階手前くらいの感じがずっと続いており…
花粉症なのか黄砂なのか…初めての感覚で辛いです。

デビューしてしまったかも知れません(T_T)

さて、先日堺市西区の現場にて板金屋さんが外壁の施工をしてくれていました。

LINE_ALBUM_外部進捗_240331_1.jpg
LINE_ALBUM_外部進捗_240331_2.jpg

「SOLID-ソリド」という外壁材を施工するのですが、下地に胴縁や合板、ルーフィングを施工してその上からソリドを貼っていきます。

エイジングを施した外壁材なのですが古びた風合いがまたいいんです。

2-1.jpg

板金屋さん4人掛かりで頑張っていただいていました。
仕上がりがとても楽しみです!

さて、先日はキース・ジャレットのソロ作品をご紹介させていただきました。

本日もお送りします!

■サトゥーのレコード盤歳!#018【ジャズ・ピアノ&ベース・デュオ編】

KEITH JARRETT CHARLIE HADEN「Jasmine」(2010)

71L+EFOYVhL._UF1000,1000_QL80_.jpg

キース・ジャレット(ピアノ)とチャーリー・ヘイデン(ベース)のデュオ作品です。

「時間がゆっくりと流れる感じがする」

聴いていてとても心を鎮めてくれるアルバムです。

キースとチャーリーは1960年代〜70年代にかけて一緒に活動はしていたもののその後は別々に活動。
30年以上ぶりに再会して録音された本作。
こちらの作品もキースの自宅スタジオでの録音。

『Call your wife or husband or lover in late at night and sit down listen.』

キースがアルバムの帯に寄せたコメント通りのロマンティックな音です。

スタートナンバーである「For All We Know」からとにかくユルい雰囲気で、ふたりのピアノとベースが紡がれていきます。
30年ぶりとは思えないほど絶妙なふたりの掛け合い。
スタンダード曲で構成されたアルバムで、全体を覆うこの「ユルさ」が堪らなくいい感じです。

感情を乗せたフレーズと音色で聴かせてくれるキースのピアノ。
それを邪魔することなく共存し時には前に出てソロを聴かせてくれるチャーリーのウッドベース。

夜お酒を飲みながら「The Melody at Night, with You」+「Jasmine」は最高です。

「The Köln Concert」も素晴らしいアルバムではあるのですが、個人的にはこの2作品が愛聴盤です。

それでは、また!
リビングに音楽を!


ショーホーム開催予定です!

■2024.4.7(日)開催☀ 『 ROUGHIN' COTTAGE 』@八尾市
https://www.hana-house.jp/showhome/input223.php

ハナハウスInstagram 
https://www.instagram.com/hanahouse_insta/?hl=ja

建築女子Instagram
https://www.instagram.com/hanahouse_kenjo/
posted by ハナハウススタッフ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ときどき男子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月24日

サトゥーのレコード盤歳!#017【ジャズ・ピアノ・ソロ編】

どうも、サトゥーです!

ご無沙汰しております。

最近は雨が多いですね〜。
外壁施工をしていただいている職人さんが雨だと作業ができず工期が伸びて大変です。

先日、外壁のジョリパット施工前の下地を左官屋さんのNさんが施工してくれていました。

何度も塗り重ねていく工程を、広い面積をコテで手塗りしていただいているのでかなり手間が掛かります。
細かい所まで丁寧に塗っていただきありがとうございます!

7B09D1FD-67AA-4DF2-991E-70B21DC5CFBC.jpg

外部の業者さんは他にも板金屋のTさん、紙貼りのMさん、ジョリパット施工のFさんなどたくさんの業者さんにいつも助けられています。
いつも施工ありがとうございます!

さて、本日もお送りします!

最近、ネットで「雨と休日」というCDショップを見つけました。
「穏やかな音楽を集める」というコンセプトを基におすすめのCDを紹介してくれています。

「雨と休日 オンラインショップ」
https://shop.ameto.biz/

良ければ是非オンラインショップを覗いてみてください。
私も今まで知らなかったアーティストの作品がズラッと並んでいて新たな発見が出来るお店です。

今回はその中から、以前から私も繰り返し聴いていて好きなジャズ・ピアノソロアルバムを紹介します。

■サトゥーのレコード盤歳!#017【ジャズ・ピアノ・ソロ編】

KEITH JARRETT「The Melody at Night, with You」(1998)

81s-5IA685L._UF1000,1000_QL80_.jpg

個人的に「何度も聴きたくなるアルバム」です。

キース・ジャレット。
ジャズが好きな方はビル・エヴァンスと同様で知らない方はいないほど有名なジャズ・ピアニストです。

このアルバムもまた人気でずっと聴き続けられ語り継がれている名盤で1998年に録音されたピアノ・ソロアルバム。

慢性疲労症候群という難病のため、しばらく活動を休止していた時期に闘病生活を支えてくれた妻に捧げたのが本作。
自宅にて録音されている為か全体的にすごく力が抜けリラックスした状態で録音されたのが音から伝わって来ます。
スタンダード曲やトラッド曲を中心にバラードで構成されています。

ピアノ・ソロだけに余計な音が一切なく、キース・ジャレットの奏でるピアノの音にどんどん惹きこまれていきます。
この作品はどの曲がいいというより全曲通し名演ばかりです。

それは彼が一曲一曲を大切にしていることが伝わってくるかのように。

私はよく寝る前に聴いていたりするのですが、雨の日にも聴いてもぴったりかも知れません。

元々はCDのみのリリースでしたが、2019年にはレコードも発売されている本作。
これからジャズを聴いてみたいという方、ジャズは聴いていたけど知らなかったという方は是非聴いてみてください。

キース・ジャレットの作品は素晴らしいアルバムが多いので次回もまた紹介しようと思います。

それでは、また!
リビングに音楽を!


ショーホーム開催予定です!

■2024.3.30(土)開催✨『 African Style 』@堺市
https://www.hana-house.jp/showhome/input158_new.php

■2024.4.7(日)開催☀ 『 ROUGHIN' COTTAGE 』@八尾市
https://www.hana-house.jp/showhome/input223.php

ハナハウスInstagram 
https://www.instagram.com/hanahouse_insta/?hl=ja

建築女子Instagram
https://www.instagram.com/hanahouse_kenjo/
posted by ハナハウススタッフ at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ときどき男子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月04日

サトゥーのレコード盤歳!#016 【ジャズ・ピアノ・トリオ編】

どうも、サトゥーです!

ご無沙汰しております。
続きを書こうと思いつつかなり日が経ってしまいました。

最近は棟上げや着工があり現場に出ておりました。

先日、着工したお家の基礎ベースコンクリート打設工事がありました。

まずはコンクリート車からポンプ車へと生コンを移し、ポンプ車から基礎へと生コンを流していきます。
トンボなどで振動させながら空気を抜きます。
空気が入っていると、その箇所にはコンクリートに空洞ができてしまうためです。

その後、基礎屋さんがコテでベース表面を平らにしていきます。

S__11755587.jpg

基礎ももうすぐ完成です。
次は棟上げ工事が待っています!

さて、かなり空いてしまいましたが…紹介します!

■サトゥーのレコード盤歳!#016 【ジャズ・ピアノ・トリオ編】

BILL CHARLAP TRIO「I'm Old Fashioned」(2010)

jacket_20261113.jpg

前回紹介した2枚のアルバムは、1960年代の古い録音のものでした。
今回紹介するこのアルバムは、2010年発売で比較的新しい作品になります。
初めてジャズを聴くという方にもおススメできるアルバムです。

ニューヨーク出身のピアニスト、ビル・チャーラップ。

このピアニストを知ったきっかけは、私が20代の時に、地元の喫茶店「MASANOVA CAFE (マサノヴァ・カフェ)」に通っていた時でした。

喫茶店のマスターは当時60代で恰幅のいい白髪のかっこいいおじさん。
とにかくジャズ好きで、店には大きなスピーカーがあり大音量でいつもジャズをレコードでかけてくれていました。
私がレコードショップに勤めていたこともあり、新しいジャズのCDを買ってきてくれと何度も買っていったことを覚えています。

毎週通ってマスターとずっとジャズの話をしながら美味しいコーヒーとマサノヴァサンドをいただくのが最高の時間でした。
今でもマサノヴァのマスターに教えてもらったジャズは聴いています。
※残念ながらマサノヴァ・カフェは閉めてしまい違うお店になってしまいました。マスター元気してるかな〜

その中で教えてもらったのがこのビル・チャーラップ・トリオです。
全体的にとても聴きやすくアドリブもとても聴き心地がいい印象でした。

今回紹介するアルバムは、ピアノ、ギター、ベースのドラムレス編成の作品です。
ドラムがいない分、各楽器の音がとても際立って聴こえてきます。

1曲目「I'm Old Fashioned」を一曲通して聴いてもらえればこのレコードの良さに気付いてもらえると思います。

まずは全体通しての録音の良さ。
すべての楽器が目の前で聴いているかのようなリアルさ。

そしてビル・チャーラップの煌びやかなピアノタッチ、ギターのピーター・バーンスタインの秀逸なフレージング。
二人のリードとバッキングを交互にプレイするコラボスタイルには圧巻。
その裏で全体を支えているピーター・ワシントンのベースもいい。

アドリブもやりすぎずメロディを大切にしたフレージングで聴きやすく、
スタンダードナンバーを中心に構成されている作品なので全体通してジャズが初めての方でもとても聴きやすい内容だと思います。

次回はまた違った内容で紹介しますね〜

それではまた!
リビングに音楽を!

-----------------------------------------------------------------------------
ハナハウスInstagram:https://www.instagram.com/hanahouse_insta/
建築女子Instagram:https://www.instagram.com/hanahouse_kenjo/
posted by ハナハウススタッフ at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ときどき男子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする