2018年12月09日

デジタル見学会もどき

おはようございます

こんにちわ

こんばんわ

ときどき男子! が〜す〜です。


実は昨日は、1年お世話になった業者さんをもてなす大忘年会でございました。

特に台風や、大地震の影響で今年は例年に輪をかけて大忙し。

本当にご苦労様でした。

忘年会レポートに関しては、動画や写真が上がり次第またご紹介させていただきます。



忘年会の翌日とはいえ本日は寝屋川市と守口市のお家のダブル完成見学会の日。

私は主に寝屋川のほうに参加してご案内させていただきましたので、そのときに撮影した拙い写真を用いてのウェブ見学会なんてどうでしょうか?



担当コーディネーターの書いたパースを修正して絵を描いてこられたり、解体前の家屋の鍵止めやパーツなどをご自身で回収されたりと

[超]の前置詞がつくほど こだわりのあるお客様なので、見ていただいた写真の造作の数々や工夫が簡単にできることだなんて

絶対に思っちゃダメなんだぞ

・・・失礼しました



打ち合わせに打ち合わせを重ね、担当が頭を捻りまくってトリプルアクセル決めるほど悩み、O大工が唸った結果、こうなりました

決して広いお家ではありません。

しかし、限られた空間を上手く使ってやったこだわりは圧巻でした。

こんなところまでやるの? ご覧あれ


外観もとっても面白いですが、写真が暗くて撮れなかったので割愛。

質感に重厚感があるオリジナルの玄関扉をあけるとこんなかんじ!

写真にうつりこんでいる荷物は気にしないのが大人ってもんなんだぜ。

1.jpg

床のタイルの部分も、グラデーションカラーになってて面白い。

写真右にみえる造作の靴入れの下ものぞいて見ると・・・

2.jpg

ここにもタイルがっ見えないところまで施工。



3.jpg



さて、この写真の撮った位置から右を向くとこちら。

4.jpg

玄関からはいったときのアイキャッチとなる壁面タイルと角アーチを抜けるとパーケットでつくった床に暖炉風のものがみえます。

進むとLDKです。

5.jpg

腰壁に意匠を施しつつ、キッチンとの空間の間にもうけた引き戸はアーチを描いた丸窓がついた扉。きゃわいい


さて、ここでキッチンスペースに入ると、上部になんぞ 見たこともないものが。まさかの

7.jpg

純喫茶、昭和初期に日本人が建てた洋館、欧風の家屋のイメージが大好きというお施主さんの好みが反映されていますね。

8.jpg

棚もよ〜〜〜く見ると、今ではあまり見られない、差込タイプの棚鍵! 

8_1.jpg

うん、私の実家にもあります!こんな綺麗じゃないけど!

壁面タイルもこんにちではあまり見かけないレトロなタイル。

そして、ひっそりと見せている梁。

細かいこだわりの積み重ねがテイストを作り出す典型といえるでしょう。



玄関まで戻り、LDKと逆側のスペースに入ると本棚と、お持ちの机が入る予定のアトリエ。

9.jpg


造作であるアーチを描く室内窓からは寝室とウォークインクローゼットまで見えます。

10.jpg

一般的に、こだわられる方が比較的少ないこの二つ。
(こだわられたとしても間取りや大きさ、収まりがメインであって作りこみにこだわりがある人は珍しいという意味)

12.jpg

とんでもないこだわり。イメージは寝台列車だそうです。たしかに

そして天井には見えにくいけど、ひとつの棒が各々の寝台の上にはさみこまれており、なんぞや?とおもったら、寝具をかけたり

服をかけたりするためのものらしく・・・さすがです。

そして、この写真の上に洒落た造作の照明があるんですが、写真にはいれれませんでした・・・気になる人は実際に見に来てください。


さて、振り返るとウォークインクローゼットがあるわけですが、このエレガントさに舌を巻く。びろ〜んクルクル。

13.jpg

掛けられた写真のひとつは隠し扉風に開き、中はアクセサリー入れとなっています。

さらに、一番上の本も届く様にと作られた梯子は、めちゃくちゃ軽いのに頑丈!

取り外して玄関隣スペースでも使えるように 本棚のあるところには同じ高さに全て梯子をかけられる細工が施されています。


こちらが廊下。

14.jpg

これまた懐かしい! 昔のトイレではよく見かけたんですけどね

IMG_9293 - コピー.jpg

今は掃除のしやすさとか、取り扱いが少ないことによる観点からまったくみかけない・・・これ なんていうの?石のやつ!

すいません、単語忘れました。

興味のある方は担当にでも・・・逃げ!


四方の隅はよ〜くみるとアーチになっている。これ、絶対難しいやつ笑 すごい!

そして天井は板張り

IMG_9291 - コピー.jpg

よくトイレにこれほど・・・



溜息をつきつつ、廊下にもどりましてよく見ると、これ まさかの隠し扉

はい、私、気づきませんでした。

15.jpg

しかも、3枚も隠し扉やん

昔の閂のようにガチャっと横にスライドさせて引くタイプ。

開くと階段下のスペースを有効に使って洗濯機が置けるようになっております。

最近の洗濯機、水漏れとかほとんどないしね。なるほど。



さてさて、3枚目の隠し扉あけると・・・秘密のお部屋・・・というか、憧れの引きこもり部屋・・ごほごほ・・・書斎に!!

ってか、猫ちゃんが自由に行き来できるようにわざと作ってるんですね!

16.jpg

幸せな猫ちゃん。

17.jpg



畳の香りがふわっと香る階段をのぼると、右手にテレビをおけるスペース、左手にまったく同じ広さだけど造作がないスペースが広がります。

18.jpg

これ、あかんやつ。快適すぎて降りてこなくなるやつ。

撮影時にて、ばったりあったお施主様に本気で

「ください。(この部屋)」

って言いました。

しかも掃除がしやすいように、お施主様が腰を曲げなくていい高さというか、スキップになってるんで、高低さがつけられている。



こんなかんじでざっと紹介しましたがいかがでしょうか?

このお家が特別なわけではなくて、ハナハウスのお家は一邸一邸 皆さんの思いとこだわりがつまってるんで、どのお家も

勝らず劣らず見どころがあります。


全部ご紹介させていただきたいんですけどね!

時間とタイミングがっ!?

場合によってはホームページで特設ページつくっちゃうぞ

あ、OB様。その場合、infoメールか僕のアドレスに連絡ください。やりますよ!たぶん!できるかぎり!



言い忘れました。

このお家は15日(土)16日(日)も見学会をしておりますので、お気軽にご参加ください。いえい。

16日(日)は藤井寺でもう一つの見学会もしております。

詳しくはPCサイトへどうぞ。














































posted by ハナハウス女子 at 20:35| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: