2018年06月08日

看板取り付け!

おはようございます。

こんにちわ。

こんばんわ。

現場男子のが〜すです


いただいた連休で生まれてからまだ会ったことのない祖父に孫を見せるため、鹿児島へ行ってまいりました

新幹線でなんと4時間で到着

こんなに早く到着するとは


どんよりとした曇り空でしたが、なんとか雨は持ちこたえ、無事子供を抱かせてあげられました

S__8806410.jpg







現場のお話では、兼ねてよりリフォームさせていただいておりました堺市北区の喫茶店「Mari&co.」様に看板の

取り付けにいってまいりました。厳重に木で密閉されて保管されている「看板」をこじ開けていき、開封。

S__8806413.jpg


ガラスキューブの壁面に取り付けるというなかなかに難度の高い注文も、スタッフいけやんにかかれば〜〜

S__8806412.jpg

S__8806409.jpg



めっちゃいいかんじ

お施主様にも喜んでもらえてとっても良かったです。

実は、もともと取り付けるにあたって必要だった穴以外にも、強度をより強くするために現地で測って穴をあけ、

ガラスキューブにうつりこまないようにうまくコーキングしたりと、

「技」を見せてくれるいけやん。

特に、ステンレス板にドリルで穴を開けるのは素人にはかなり厳しいと感じました。

まずドリルが摩擦熱に負ける、だから切削油のグリスを掛けつつ、摩擦熱で赤熱しているドリル先端部を水

で冷やしつつ穴をあけていくのですが、水につけた瞬間 ジューーーーっておっそろしい音がします。

餅は餅屋。

現場作業はいけやんに全てお任せし、完全にサポートに回ることを決意。


「が〜す〜、電気とってきて〜」

「はいっ!」

「が〜す〜、毛布しいといて〜」

「はいっ!」

「が〜す〜、6でいこか?」 *ビスのサイズ

「専門家に任せます!」


ちょうどお施主様のお母様、妹さんが偶然いらっしゃったタイミングで皆様に見ていただき、とても喜んでいただけました。


看板のみでこの満足感というか、緊張感?を味わってしまいましたので、実際に各々の家を一人で担当している「建築女子」

すっげーなあ・・・・ 変な話ですが、同僚なのに尊敬しました。


それでは、着々と進んでいる広報活動、専門のデザインとプログラム、より一層励んでいかせていただきます




















posted by ハナハウス女子 at 00:00| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする