2017年11月17日

始まりと終わりと

こんにちは、まいまいです

もうすぐ喫茶店「Mari&co.」が完成します

IMG_5873 (600x450).jpg

厨房機器が入って、家具が入って、
とてもお店らしくなってきました

IMG_5875 (600x450).jpg

工事ももう少し

最初に現場調査してから、1年5ヶ月。

オーナーのTkさんのお住いもリフォームさせていただき、

工事が終わってしまうのが、少しさびしいですが・・・

喫茶店通います

大人が落ち着ける空間になっています

新金岡で事務所から近いので、みなさんもぜひ


完成する現場があれば、始まる現場もありまして

DSCN3428 (600x450).jpg


来たる11/11、大安

Kjさま邸が上棟いたしました

当日の夜中に豪雨が降ったにも関わらず、
朝の7時にはピタっと雨もやみ、
気温も涼しく、作業しやすい上棟日和となりました

DSCN3438 (600x450).jpg

大工さんが次々に組んでいく姿に、
Kjさんも一日現場で様子をご覧いただき、
Kjさんのワクワクが伝わって、私も嬉しかったです

DSCN3442 (600x450).jpg

上棟式にて、無事の完成と、
Kjさま邸の素敵な家を作ることを誓いました

DSCN3706 (600x450).jpg


落ち着いた雰囲気の木の温もりを感じられる
でもかっこいいモダンなお家をテーマに

ブラウンと黒を使い、かっこよく仕上げていきます

こだわりのキッチン廻りを思案中

そんな家づくりの節目の上棟を無事に迎えることが出来ました

レタッチ (600x400).jpg

Kjさん、おめでとうございます
posted by ハナハウス女子 at 18:11| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

Krさま邸仕上げ工事と新たな始まり。。

こんにちは〜

手とくちびるの乾燥がすごすぎて、リップクリームとハンドクリームにより人工的に潤いを補給しています。
むっちゃんです

わたしのおススメのハンドクリームはKIEHL'Sで、リップクリームはジョンマスターオーガニックとRMKです

以上、誰が興味あんねん情報でした〜

そんな事はさておき、堺市のKrさま邸は塗装工事が終わり本日よりタイル工事に突入しております

タイル屋さんはお兄ちゃんでおなじみのコチラのお方

20171116 #1_171116_0003.jpg

20171116 #1_171116_0005.jpg

キッチン前に貼るタイルのタイル割りと目地の巾を現場にて確認してまいりました

そして、作業開始前にトラックから道具を下ろしております。

20171116 #1_171116_0007.jpg

20171116 #1_171116_0008.jpg

重いタイルやこんな大きな道具も1人で降ろして作業するタイル屋さん。。
さすが、器用さNO1

今週中にタイルもすべて貼り終わる予定です。
もうすぐ終わってしまう。。嬉しいような。。寂しいような。。

でもまだあと1ヶ月!気を引き締めていきますよ

そして。。そして。。
新たに始まるお家も

20171116_171116_0011.jpg

20171116_171116_0010.jpg

楽しみです
posted by ハナハウス女子 at 21:13| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

夕日がきれいな季節がやってきましたね。

どうもこんにちは。最近現場でこの光景を見ると故郷が懐かしく感じるDでございます。
IMG_4573.JPG
↑柏原の現場で撮影した夕日さんです。

今週のにこいちの仕事を紹介!!

IMG_4618.JPG
今回は難易度の高い塗装に二人で挑戦しました。
IMG_4617.JPG
何度も何度も塗り重ねてきれいに仕上げていきます。
IMG_4614.JPG
細かい部分の塗装が一番大変です!!
こちらは来月オープンの喫茶店の現場です!完成が待ち遠しいですね。

IMG_4639.JPG
こちらは定番のPPYシート養生!!

IMG_4640.JPG
こちらはIKさん作の境界ポイントがずれないように、細工をしてもらいました。

こんな感じでお引き渡し前の現場から、これから上棟の現場まで走り回っているDでございました。
来月は毎年恒例のハナハウス忘年会がひかえております。
そろそろ準備をしなければと少し焦ってますが・・・・こうご期待!
posted by ハナハウス女子 at 21:43| Comment(0) | ときどき男子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

お引き渡し式♪

こんばんは


お客さんにオカメインコに似てると言われました
おぶちゃんです


よく◯◯に似てる!と、例えられがちな私ですが、
過去に似てると言われたことがある最高点は、
乃木坂46の秋元真夏ちゃんです

はい、検索して 似てないとか
言わない〜



そんなことはどうでもいいんですよ、
本日はNsさまのお引き渡し式をさせて頂きました


DSCN3739.jpg
Dさんの愛情たっぷり!家づくりを振り返るDVDを鑑賞しました



思い返せば、長いおうちづくりのなかで
プランを考える上では、
暮らし方や、毎日の動線など奥さんからのとっても明確な意見をいただきながら、
意匠面では、使う材料や全体のテイストをかなり提案させてもらったように思います

打ち合わせ当初にNsさんに こんな感じと、見せてもらった
数枚の画像から想像を膨らませに膨らませて(笑)
完成したお家でございました

沢山打ち合わせにも来て頂きまして、
長かったおうちづくり。。
本当にお疲れ様でした



IMG_5039.jpg
最後には嬉しいお言葉も頂き、感謝感謝でいっぱいです



そしてそして、なぜか社長のノリから始まった、
平野ノラの「おったまげー」に、
巻き込まれるNsさん。。
DSCN3795.jpg
普段はとっても真面目で優しいご主人さん
こんなハナハウスのノリにも付いてきてくれる
おちゃめな一面を見せて頂きました



IMG_5053.jpg
わたしも「おったまげー」です




最後には、お決まりの集合写真
IMG_5064.jpg
本当に長い間ありがとうございました
これからも、末永いお付き合いをぜひよろしくお願いいたします
posted by ハナハウス女子 at 19:59| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

Wd様邸 打ちあわせが続く

こんにちは、やすえさんです!
近日中に、タイ料理を食べに行くんですよね〜♪♪

あー楽しみ!!

タイ料理って、ほんと食べる機会が少なすぎて困ります↓
今年はパクチーを育てて、鍋に入れたりして楽しんではいましたが、
1か月に1回は本格タイ料理を食べたい!!!

もっとちまたにタイ料理の店が増えたらいいのにと願う今日この頃です。


さて、Wd様邸 では、

S__9814237.jpg

現場でお施主さんとお話をさせて頂いたりしてます。
もうすぐ大工さんの工事が終了するので、
現場でいろいろ確認作業を済ませました。

S__2736254.jpg

事務所でも、施工管理のIkさんと、今回のキッチンで採用している
パナソニックのトリプルワイドコンロの図面をオリジナルサイズのキッチンの天板に落とし込みしながら四苦八苦しております。

「絶対に間違ってはならない・・・!」

そう胸に刻みながら、一生懸命打ちあわせをしておりました。


キッチンの天板を発注するときは、ほんと何回やっても緊張します・・・

無事、施工できますように・・・
posted by ハナハウス女子 at 00:00| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

Krさま邸木完です

こんにちは〜

先日まで風邪をひき声が完全に枯れていましたが、完全復活を果たしました。むっちゃんです。
みなさまお風邪などひかれておりませんでしょうか??

そんな中、堺市Krさま邸の現場は。。

木完直前、大工さん全力で造作家具製作中でございます

20171111_171111_0021.jpg


引戸用の溝をついたり、釘が見せない納まりの為色々な細工が必要となるこちらの造作家具。。

20171111_171111_0006.jpg

色々な道具を駆使して、つくられていきます

一方では電気屋さんがスイッチやコンセントの位置に開口をあけていってくださっています。

20171111_171111_0008.jpg

そして、大型の造作家具があるこちらのお家。。

最後は大工さんと電気屋さんのコラボレーションにより、つくりつけの家具が組まれていきました

20171111_171111_0001.jpg

この後塗装の工程が控えております

仕上がりがどうなるのか!
またこちらのブログにてご報告させていただきますね
posted by ハナハウス女子 at 20:46| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

照明の単位について

おはようございます。

こんにちわ。

こんばんわ。

現場男子として、ここ最近は見学会に主に出没するが〜す〜です



さて、今回話題にあげてみよっかなっておもったのが意外とややこしい照明の単位について。

実は大学では光学の研究室に所属しておりました。フフフ。


みなさんの聞いたことがはある・・・という単位は

ルーメン、ルクス、カンデラ。


このあたりではないでしょうか?

明るさの基準となっているこれらの単位ですが具体的にどういう意味なんでしょう。


wiki等を参照すると

ルーメン:光束。電球などの照明器具から発せられる光の量を表します。

ルクス:照度。1平方メートルあたりの照度。

カンデラ:光度。点状の光源から特定の方向へ放射される単位立体角あたりの光の明るさ。
周波数540×1012ヘルツ(Hz)の単色放射を放出し、所定の方向におけるその放射強度が1/683ワット毎ステラジアンである光源の、その方向における光度。


輝度:輝度。単位面積あたりの光度。

って書いてありますが、正直 

なにこれ、わかりにくっ!?

ですよね。

wikiは万人が見るものなので仕方ないとは思うのですが…。

そんなわけで、めっちゃ噛み砕いて分かりやすく説明したくおもいます

分かりにくかったらすいません。




サンプルに現在、見学会予約受付中のBLUR BLUR HOUSEの写真を使わせてもらいます。

★2017-03-19-18.43.34.jpg


照らすもの自体の明るさ = ルーメン です。
ここでは照明器具の光を指します。

(全方向に出た光を、全部集めて測定する、つまり光の束。よって 光束=ルーメン です。)


照らされる側の明るさ = ルクス
 です。
写真では照らされている床や、タイルなど、照明があたっている部分を指します。


照らされている部分なので、同じ照明に照らされているからといって床だと距離が近いし、タイル側だとさらに遠い上にキッチン上からの照明からも照らされていますよね。
写真のルーメンの文字がある照明のルクスは?とい質問に対して答えると、これはぶっちゃけ分かりません。
場所・距離によって変わるからです。
「どこの”ルクス”のことやねん!」って言いましょう。

だから LEDにルクス表記は基本できないんですねー。
書いてある場合もありますが、その場合は距離が書いてあると思います。


そこで距離に関係なく算出できる数値としてカンデラがあります。

よって、一般的な車のライトとかはカンデラの単位で表記されています。

これがないと、

???「へっへっへ がーすーさん このヘッドライト 5000lxなんですぜ、すごいでしょ 買いまへん?」
がーすー「今つかってるのが2000lxだから すごい!2.5倍! ほしいです。」
???「まいどあり。(近くで計測した数値だから高くてあたりまえなんだよな へへ)」
がーすー「新品にかえたのに地面暗くて見えないよ!だ〜ま〜さ〜れ〜た〜」

ってことが起こります。*あくまで極端すぎる例です。

まあ カンデラも光源から角度がズレたら数値はかわるんですがね・・・

だからこそ、カンデラ用いた実験を行う際は測定ポイントを決めます。

図に戻りましょう。つまり一定方向に定められた光の放射されてる光度がカンデラです。



「この洗面台の照明って何ルクスですか?」という質問があったとします。

これには答えられません。 

強いて言えば

「照明から1m離れたボールが○○ルクスですね。」



「照明は△△ルーメンです。」

が答える形になります。



でもね、実際そんなこといわれても ふ〜ん としかならなくないですか?

基準がわかりにくいんだもん。


よく言われるのが

”暮らしに必要なルクス(照度)は食事の時で約300ルクス、勉強や読書の時は500ルクス以上”

ってありますよね。

これ、はしょりすぎてるんですよ。

”暮らしに必要なルクスは食事の時で(手元の光)が約300ルクス、勉強や読書の時は(文字を照らしている部分が)500ルクス以上”

と書きましょうねーって強く言いたい。

さらに言うと灯りの角度も考えないと手元のルクスは変わるわけでね・・・。



「1000lxのダウンライトと記載してあったからすごく明るいとおもったのに・・・」
「200lxの懐中電灯ってこんなに明るいの?」

これら全て、ルクスは照らされる側の話なのに、照らす側のことを言っているので食い違ってきています。

えー このように まとめました。

ルクス、ルーメン、カルデラ の違い なんとなく分かっていただけたでしょうか?



さらに深く見ていくと

従来の蛍光灯の発光とLED蛍光灯の発光は発光の仕方がこのように違います。

名称未設定-1.jpg


同じ構造の照明を比較するなら、ルーメンだけの比較でもいいと思いますが、発光面が違う物を同じルーメン

で比較するのは間違えです。

よってアンティーク、ちょっと変わった形の照明をチョイスする際は、記載されているルーメンの数値で判断

するのではなく、実際に明かりを付けてみるのが一番です。

明るい、暗いといった判断基準は人によって変わるものなので照明選びの際は、実際に自分の目で見て明るい

か、暗いかの基準を感じ取っていただくのが最良かと思います。


長々と書きましたが、最初で最後のが〜す〜の光学講座でした。

結構はしょりましたので、ちょっとコレ違うくね?ってのはあると思いますがそこらへんは許してください。

例えば、光束は全光束って書く場合もあるしね?

ぼんやり分かっていただけたらいいかな〜と思っています。



















posted by ハナハウス女子 at 17:16| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする